良好なネットワーク環境下で制作することができます

オンプレミス型でweb制作を行うメリットとしてまず挙げられるのが、良好なネットワーク環境下で制作ができるという点です。オンプレミス型とは対照的なクラウド型の場合は、インターネットを介して外部サービスを利用して制作を行いますので、使用している回線の状況によっては通信速度が遅く、処理に時間がかかるといったデメリットが生まれてきます。その点、自社のシステムを使って制作するオンプレミス型であれば、自社内のネットワーク通信だけを使用しますので、通信回線による影響は少なく、安定かつ良好なネットワーク環境下で制作することが可能となります。また、オフライン環境下でも制作することができる、という点もメリットとして挙げることができます。

情報漏洩を防ぐことができます

機密保持という点もオンプレミス型の大きなメリットということができます。自社のシステムを使うので、利用する情報が外部に漏れにくくなり、情報漏洩のリスクが軽減できます。さらに、自社環境で管理していることから、外部のシステム障害による影響を考慮する必要はなく、保守性が優れているという点もメリットです。このため、万が一、システム障害が発生した場合でも迅速に対応することが可能となります。クラウド型の場合には、運用会社による復旧作業を待たなければならず、復旧するまでには時間がかかりますが、オンプレミスの場合はシステムを自社管理していますので、何か問題が起こってもすぐに対処することが可能、復旧するまでに時間はかかりません。